賃貸経営に必要なリサーチ|少額だから安心!みんなで大家さんで投資を始めてみよう

少額だから安心!みんなで大家さんで投資を始めてみよう

男性

賃貸経営に必要なリサーチ

内観

空室の多い物件の家賃調査

個人商店を起ち上げる時でも事業を興す時でも、大事なのはマーケットリサーチです。新規に顧客を開拓するのですから、どのような商品がいくらぐらいで売れるのかを調べる必要があります。マンションの賃貸経営でも同じです。入居者を確保するにはどのくらいの広さの部屋でいくらぐらいの家賃が適切なのかを調査するのです。マンションの立地によって家賃相場が変わってきます。また部屋の広さによっても家賃相場は違います。この点をまずリサーチする必要があります。最も確実なのは不動産会社に投資用マンションを探してもらうことです。専門家なので家賃相場についての情報を把握しています。自分でリサーチする場合は同じような条件のマンションを探して、そこの家賃を調べます。その時に大事なのは空室の多いマンションと入居者で埋まっているマンションの家賃の違いをしっかり把握することです。

マンションの家賃の決め方

マンションの家賃相場は立地と部屋の広さによって決まります。しかし実際には部屋ごとに家賃が違ってきます。1階よりも高層階の方が高くなりますし、日当たりの良い東向きの部屋の方が家賃は高くなります。また目の前に眺望を塞ぐ建物が建っていると、家賃は安くなります。マンション経営をする場合、このように各部屋の条件によって家賃を決めていくことになります。家賃相場を調べる場合、どのような間取りの需要が多いかも大事なポイントです。ファミリー層が多い場所なら2LDKなどの広い部屋に入居する人が多いはずです。大学や若者が多いエリアではワンルームの需要があります。そのエリアにどのような人々が多いのかをリサーチすれば、おのずから部屋の広さと家賃を導き出すことができます。